MENU

飛蚊症サプリ

 

飛蚊症の原因は?

 

目の中にゴミの様なものが見える、虫の様な黒い影が見えるという場合、飛蚊症が疑われます。その見え方は人により様々で、症状が出る年齢にも差があります。昔は加齢と共に引き起こされる目の疾患の一つと言われていましたが、近年では10代の若年層でも飛蚊症の症状が多く見られます。では、この飛蚊症の原因はあるのでしょうか。

 

生理的な原因の飛蚊症

 

生理的な飛蚊症は、目の構造や働きにより引き起こされます。目の中には硝子体と呼ばれるゲル状の成分で満たされています。この硝子体は加齢と共に成分などが変化し、一部でシワのようなものができます。このシワが硝子体の裏側にある網膜という部分に映り込み、視界にゴミや黒い影のようなものとなって見えてしまうのです。

 

生理的な飛蚊症はほとんどの場合問題はなく、特別な治療は必要ないと診断されます。ただし、稀に目の疾患に繋がる場合もあるので、ある一定の年齢に達したら定期的な検診を受けるようにしましょう。

 

病気が原因の飛蚊症

 

病気が原因の飛蚊症は、病気の初期症状として多く見られます。代表的なものとしてあげられるのが網膜剥離です。網膜剥離は、目の奥にある網膜が徐々にはがれていく目の疾患で、放置しておくと失明に至る病気です。剥離した網膜が視界に映り込み、飛蚊症として症状が出てくるのです。

 

生まれつきの飛蚊症

 

生まれつきの飛蚊症は、母体内で眼球が作られる過程で、硝子体に作られた血管が産まれてからも残ってしまうものです。この血管が飛蚊症の症状となり現れてしまいます。生まれつきの飛蚊症は症状が進行しない限り特に治療は必要ありません。ただし、異常を感じたらすぐに眼科へ行きましょう。

 

飛蚊症の症状と見え方は?

 

飛蚊症は現代人に多く見られる目の症状の一つです。その原因は様々で、重篤な場合は専門的な治療が必要となりますが、具体的にはどのような症状が出てくるのでしょうか。

 

飛蚊症の症状

 

飛蚊症は、名前のとおり視界の中に蚊が飛んでいるように見えるものです。症状は個人差がありますが、黒い影が見えたり、ほこりや繊維の様なものが見えることが多いようです。目を擦ったり目薬をさしても浮遊物は消えず、視界に映ったまま消えません。

 

飛蚊症に痛みはなく、ふとした瞬間に目に映り込んでいるということが多いものです。このため、自覚症状がなく、飛蚊症に気が付かないという場合も少なくありません。

 

また、飛蚊症のほとんどは特に治療の必要がない生理的なものが多く、明確な治療法もありません。ただし、飛蚊症が進行して日常生活に支障をきたしたり、病気の初期症状としての飛蚊症は専門的な治療を受けることができます。気になる方は最寄りの眼科へ行き、適切な診察を受けましょう。また、今は問題のない飛蚊症でも、再び発症した時には病気の初期症状であったという場合もあります。

 

飛蚊症の見え方

 

飛蚊症は特に明るい場所で見えます。青空を見ている時や、白い壁をじっと見つめていると、ゴミや虫の影のようなものが見えます。

 

見え方は、個人差や環境の変化により様々です。一般的な見え方としてあげられるのが、黒い線や白い線が浮遊する、黒い点や白い点が浮遊する、視線を動かすとそれらが一緒に動いて見える、といったものです。

 

飛蚊症の検査方法は?

 

飛蚊症かもしれない、と自覚したら、まずは最寄りの眼科で精密な検査を受ける必要があります。目の疾患の初期症状であることもあるので、早期発見には飛蚊症は見逃せない症状です。では、いざ眼科へ行った時、飛蚊症はどのような検査方法を行うのでしょうか。

 

まずは問診

 

どのような病気でもまずは問診が行われます。症状はいつから出ているのか、見え方はどのようなものか、浮遊物の数や形状、その他に気になるものはないかといった問診が行われます。問診を受ける際は、スムーズかつ正確な受け答えをすることで、その後の診察や治療に大きく役立ちます。病院へ行く前に、自分の飛蚊症はどのようなものかまとめておくと良いでしょう。

 

眼底検査

 

問診後、精密眼底検査が行われます。精密眼底検査では網膜に穴や裂け目などができてないかを確認します。網膜に穴や裂け目ができている場合、専門的な治療が必要となります。

 

まず、専用の目薬を点眼し、瞳孔を人工的に開きます。点眼後の目は焦点を合わせることができなくなり、光がまぶしく感じたり、近くのものがぼやけて見えてしまいます。

 

瞳孔を人工的に開いた後、検査用の椅子に座り、光を当てて外部から眼球内を観察します。光を当てることで激しい眩しさを感じますが、痛みはないので落ち着いて検査を受けましょう。

 

検査は以上で終了となります。簡単な検査ですが、人工的に開いた瞳孔は3〜4時間ほど続くので、帰宅の際は公共交通機関を利用したり、他の方に運転をしてもらうなどをしましょう。

 

飛蚊症を治すには?

 

飛蚊症の改善方法にはいくつかの方法があります。今回は、改善方法の中でも代表的なものをご紹介します。

 

食生活

 

飛蚊症のほとんどは生理的なもので、特別な治療は必要ないと診断されます。この場合、食生活を改善することで飛蚊症を自分で改善することができます。

 

飛蚊症の原因の一つとしてあげられるのが、目の中で作られる活性酸素の増加です。活性酸素はある一定の量は必要なものですが、増えすぎてしまうと身体に様々な悪影響を与えます。飛蚊症もその一つで、目の中で増えすぎた活性酸素が飛蚊症を引き起こしてしまいます。

 

活性酸素を減らすには普段の食生活を改善することが効果的です。活性酸素を減らす食品としてあげられるのが、大豆、アーモンド、緑黄色野菜、柚子です。これらを積極的に取り入れ、飛蚊症を改善しましょう。

 

サプリメントの摂取

 

普段の食生活では必要な量の栄養素が摂取できないという場合、サプリメントの摂取がオススメです。サプリメントは有効成分が凝縮されている健康補助食品で、足りない分の栄養素を手軽に簡単に摂取できます。

 

手術

 

飛蚊症が酷い場合や、病気が原因の飛蚊症は、患部を取り除いたり、原因となる病気を改善するための手術が行われます。この場合、患者自身にかかる負担が大きくなります。手術の前には医師としっかりと話し合い、費用や入院期間、どのような手術を行うのかをしっかりと確認しましょう。手術による治療は高い効果が期待できます。術後のケアには十分に気を付けなければなりませんが、重度の飛蚊症に悩んでいる方には有効的な選択の一つです。

 

飛蚊症に良いサプリ成分

 

飛蚊症対策には食生活の改善が必要となります。しかし、飛蚊症に効果が期待できるとされている食品を摂取するには、他の食品との栄養バランスや、必要量を摂取するための工夫が必要となり、普段の食事から飛蚊症を改善することはなかなか難しいことです。

 

そこでオススメなのが、サプリメントの摂取です。サプリメントには必要な成分が凝縮されており、普段の食事では足りない成分を気軽に摂取することができます。今回は、飛蚊症対策に効果的なサプリ成分をご紹介します。

 

ルテイン

 

ルテインは様々な目の疾患の改善に効果が期待できるとされています。ルテインは目の機能全体を活性化させる効果があり、飛蚊症を引き起こす硝子体のシワを防ぐことができます。また、老化やストレスによる硝子体の酸化を防ぐ効果も期待できるので、飛蚊症対策には高い効果が期待できます。

 

ビタミン

 

ビタミンは老化を遅らせる効果があります。目の老化を抑制する効果も期待できるため、老化が原因で起こる場合の飛蚊症の改善には効果が期待できます。ビタミンが含まれている食品としてあげられるのが緑黄色野菜ですが、普段の食事で緑黄色野菜から必要な量のビタミンを摂取することは難しいものです。サプリメントを上手に活用し、自分に足りない分のビタミンを摂取しましょう。

 

ポリフェノール

 

ポリフェノールには高い抗酸化作用が含まれており、疲れ目や目の老化抑制に効果が期待できると言われています。疲れ目は飛蚊症を引き起こす原因の一つでもあります。ポリフェノールを摂取し、疲れ目対策と飛蚊症対策を行いましょう。

更新履歴