MENU

子供の飛蚊症対策方法

飛蚊症は加齢と共に起こるものであるというイメージがありましたが、近年では子供にも飛蚊症が多く見られるようになりました。

 

テレビやゲーム画面など、子供でも近くの物を長時間見続けることが多くなり、気が付かないうちに目を酷使してしまい、飛蚊症を発症してしまうのです。今回は、子供の飛蚊症に対する適切な対策方法をご紹介します。

 

飛蚊症を発症する前に予防する

 

まず、飛蚊症を発症しないように予防することが一番重要です。テレビ画面やゲーム画面などを見続ける場合、親や周りの方が使用時間を決め、目に負担のかからない範囲で子供に使用させるようにしましょう。自分でコントロールできない年齢の場合は、親や周りが声かけをして制御するようにしましょう。

 

定期的に眼科の診察を受ける

 

子供の場合、自分に起こっている症状を上手く周りに伝えられないことも多く見られます。飛蚊症は視界にゴミの様なものが映り込むもので、痛みもなく、軽度の場合は自覚症状も薄いことが多いものです。このため、子供の飛蚊症は発見が遅くなりがちで、気が付いた時には症状が進行している、ということも珍しくありません。

 

また、素人判断では飛蚊症を発症していてもそれが問題のあるものかどうなのかの区別が付きません。生理的な飛蚊症の場合は自然治癒で改善することができますが、何らかの病気が原因の場合は早急に適切な治療が必要となります。

 

これらを防ぐためには、定期的に眼科へ通うことが一番有効的です。通える範囲の眼科を探し、定期的に診察を受けるようにしましょう。