MENU

飛蚊症は病気に繋がる可能性がある?

飛蚊症は多くの方に見られる症状です。昔は加齢と共に起こるものというイメージがありましたが、目を酷使する現代社会では、若い方でも飛蚊症を発症しているケースも珍しくありません。

 

飛蚊症は、視界にほこりやゴミの様な影が見えるだけのもので、症状としては軽いものなので放置してしまいがちですが、飛蚊症の中には放置しておくことで重大な病気に繋がる恐れがある場合もあります。

 

飛蚊症が病気に繋がるケース

 

飛蚊症には種類があり、このうち無害なものとされるのが生理的なものが原因で起こる飛蚊症です。生理的な飛蚊症は、目を構成する硝子体が委縮し、そのシワが影となり視界に移り込むものです。

 

このような飛蚊症は病気ではなく、放置しておいてもさほど問題はないとされています。病気に繋がる飛蚊症は、硝子体の後ろ側にある網膜という部分がはがれる網膜剥離や、網膜に穴が開く網膜裂孔というものがあげられます。

 

網膜剥離は文字通り網膜がはがれている状態で、放置しておくと網膜がどんどんはがれてしまい、最終的には治療をしても視力が低下してしまったり、失明に至る恐れがある病気です。

 

網膜裂孔は、網膜に穴が開いた状態のことです。穴が小さい時点で治療を行えば後遺症は少なく済みますが、放置しておくと網膜剥離に繋がってしまいます。

 

飛蚊症を自覚したら最寄りの眼科へ

 

自分の飛蚊症が生理的なものなのか、病気が原因であるものかは、自分で判断することはできません。いずれも痛みなどの分かりやすい症状がないため、放置してしまう方も少なくありません。

 

飛蚊症を自覚したら、まずは最寄りの眼科で適切な診断を受けましょう。病気の場合は早期発見をすることができ、その後の治療や後遺症も少なく済みます。