MENU

飛蚊症を防ぐには活性酸素対策が効果的

飛蚊症が起こる原因は様々なものがあげられますが、その中でも日常生活の中で注意したいのが、体内で作られる活性酸素です。

 

活性酸素は大量に作られると身体に様々な悪影響を及ぼします。健康に支障をきたしたり、女性の悩みの肌の老化の原因となります。飛蚊症もその一つで、活性酸素が増えることで飛蚊症が起こってしまいます。

 

活性酸素が飛蚊症を引き起こすメカニズム

 

外部に晒されている唯一の内臓が眼球です。眼球は、日常生活の中で気が付かないうちに様々なダメージを受けています。

 

その中でも大きなものが、紫外線によるダメージです。紫外線が眼球を通し、目の奥にある網膜に達すると、目を構成する硝子体内部に活性酸素が発生します。

 

硝子体内で発生した活性酸素は、目の中のたんぱく質や脂質を酸化させてしまいます。酸化したこれらの成分は、硝子体全体の組織を劣化させてしまい、飛蚊症を発症させてしまうのです。

 

活性酸素を防いで飛蚊症対策をするには

 

通常、硝子体内で発生した活性酸素は、酵素の分泌により正常に分解され、飛蚊症を引き起こすことはありません。

 

しかし、目の酷使や老化による目の機能の低下により、酵素の分泌は徐々に低下していき、目の中の活性酸素はそのままの状態となってしまい、硝子体を傷付けてしまいます。

 

活性酸素の発生を防ぐためには、原因である紫外線を遮断することが効果的です。外出する際はサングラスや帽子を着用し、目に直接紫外線が入らないようにしましょう。

 

また、目を適度に休ませることも効果的です。長時間目を使う作業をする場合、定期的に休憩をはさみ目を休ませてあげましょう。