MENU

日常生活で飛蚊症対策をする方法

飛蚊症は、初期段階の場合や病気が原因でない場合などは、日常生活を改善するだけで特別な治療は必要ありません。また、飛蚊症になる前に生活習慣を改善することで、飛蚊症を予防することができます。今回は、飛蚊症に効果的な生活習慣方法をご紹介します。

 

目を酷使しない

 

パソコンやスマートフォンの画面などは、目に大きなダメージを与えるブルーライトという光が出ています。現代人はこのブルーライトを気が付かないうちに浴びていることが多く、ブルーライトによる眼へのダメージで飛蚊症を発症するというケースが増加しています。

 

このような飛蚊症を防ぐためには、目を酷使しないように意識することが大切です。パソコンやスマートフォンなどは使用時間を決める、長時間使用する場合は定期的に目を休ませるなど、画面から目を離す時間を意識的に作るようにしましょう。

 

生活習慣を見直す

 

飛蚊症は活性酸素が原因で起こります。活性酸素は、紫外線を浴びたり、ストレスや飲酒、喫煙などで増加します。

 

食生活の乱れも活性酸素を増やす原因となります。まずはこのような生活習慣に陥っていないか見直し、バランスの良い食生活、飲酒や喫煙は避ける、ストレスを溜めすぎないなどといった生活習慣を送るようにしましょう。

 

目の乾燥を防ぐ

 

飛蚊症を発症している方は、目が乾くドライアイを併発している場合が多く見られます。ドライアイを防ぐことで、飛蚊症も予防することができます。

 

ドライアイを防ぐには、定期的に目薬を使用する、室内の湿度を一定に保つ、エアコンの風に直接当たらないといった工夫が必要です。

 

また、コンタクトレンズを使用している方は、普通の方より目が乾燥しがちです。日常的に正しい目のケアを行うようにしましょう。