MENU

治療が必要な飛蚊症とそうでない飛蚊症

飛蚊症には治療が必要な場合とそうでない場合があります。

 

治療が必要な飛蚊症

 

治療が必要な飛蚊症は、目の疾患の初期症状であるものや、日常生活に支障をきたす場合のものです。目の疾患の初期症状の飛蚊症は、網膜剥離や網膜裂孔など、放置しておくと失明する恐れのある目の疾患が原因で起こります。

 

視野の一部が欠けて見える、ものが歪んで見えると言った症状が併発している場合は、すぐに最寄りの眼科で適切な診断を受けましょう。

 

目の血管が裂けることで目の中で出血が起こり、硝子体内に血液が流れ込むことで飛蚊症が起こることもあります。この場合、時間の経過と共に飛蚊症の症状は軽くなりますが、血管が裂けた原因は放置していても元に戻りません。その他にも、感染症や目への怪我やダメージが原因で起こる飛蚊症は、早急な治療が必要となります。

 

治療が必要ない飛蚊症

 

治療が必要ない飛蚊症は生理的なものが原因で起こります。硝子体内に細胞や繊維が入り込み、それが影となり起こる飛蚊症がこれに当たります。多くの場合は症状は軽度で、時間の経過と共に改善されます。

 

また、加齢と共に起こる飛蚊症の多くは、時間の経過と共に自然治癒されます。ただし、稀に網膜と硝子体の癒着が強く起こることがあり、このケースは網膜剥離や網膜裂孔など、重篤な目の疾患に繋がる可能性があります。
加齢と共に飛蚊症を発症してしまった方は、定期的に眼科へ通い、適切な診断を受けましょう。