MENU

生理的飛蚊症とは

飛蚊症が起こる原因はいくつかあります。病気が原因で起こるものや、飛蚊症が目の病気の初期症状で起こる場合もありますが、生理的なものが原因で起こる飛蚊症もあります。今回は、生理的飛蚊症についてご紹介します。

 

生理的飛蚊症はとりあえず心配なし

 

生理的飛蚊症の多くは、特別な治療が必要なく、自然治療により改善することができます。症状も軽く、日常生活に支障をきたさない程度の飛蚊症が起こります。

 

生理的飛蚊症は、文字通り身体の生理的な働きにより起こるものです。軽視することはできませんが、とりあえずの心配はないと言っていいでしょう

 

生理的飛蚊症が起こるメカニズム

 

生理的飛蚊症は、硝子体の構造により起こるものと、硝子体の剥離により起こるものの2つに分けられます。硝子体の構造により起こる飛蚊症は、病的ではない身体の自然現象によるものです。

 

硝子体の中に含まれている細胞や繊維が、目のレンズ機能を担っている網膜に影として映り込み、飛蚊症とされるものです。

 

これは特に近視の方に起こりやすいものです。近視の方は普通の方より眼球の奥行があり、その分空洞ができやすく、空洞の間に繊維や細胞が集まり影になりやすい状態となっているのです。

 

硝子体の剥離による飛蚊症は、主に加齢と共に起こります。硝子体は加齢と共に徐々に液化していき、網膜から硝子体が剥がれてしまい、隙間ができます。この隙間の後ろ側にある膜が網膜に映り込み、飛蚊症が起こるのです。
多くの場合は暫く経つと元通りに回復しますが、稀に網膜剥離などの病気に繋がる可能性があるので、加齢による飛蚊症が出てきた方は定期的に眼科で検診を受けるようにしましょう。