MENU

網膜裂孔による飛蚊症

飛蚊症が起こる原因はいくつかありますが、その中でも特に気を付けたいのが網膜裂孔による飛蚊症です。

 

網膜裂孔とは

 

網膜裂孔は、目の奥にある網膜という部分に穴が開く目の疾患の一つです。網膜は目のレンズ機能を担っており、正しく物を見るために重要なものです。この部分に何らかの原因で穴が開くと、穴の部分から出血などが起こります。

 

網膜裂孔は、最初のうちは小さな穴ですが、適切な治療をせずに放置しておくと穴が徐々に広がります。患部が大きくなるほど視界に異常が生じ、網膜がはがれてしまう網膜剥離という目の疾患に繋がります。

 

網膜剥離になると、手術をしてはがれた網膜を元の位置に戻す必要があります。手術は患者への負担が大きく、術後も視力が低下するなどといった後遺症が見られます。適切な治療をせずに放置しておくと、最悪の場合失明に至ることもあります。

 

飛蚊症は網膜裂孔の初期症状

 

網膜裂孔の飛蚊症は、症状の初期に現れるものです。穴が開いた部分から出血や細胞がにじみ出ることで網膜に影ができ、飛蚊症が起こります。

 

網膜裂孔の飛蚊症が現れた時点で眼科へ行き適切な治療を受けることで、患者への負担も少なく済み、後遺症もほとんど残りません。

 

網膜裂孔が網膜剥離に進行するまで、個人差はありますがおおよそ3ヶ月間と言われています。飛蚊症を自覚した時点で3ヶ月間は定期的に通院し、医師の指導の元正しい治療を受けるようにしましょう。異常を感じたらすぐに受診をし、網膜裂孔が進行しないように気を付けましょう。