MENU

飛蚊症とは

目の中に黒い虫のようなものが見えるという症状は、飛蚊症と呼ばれています。飛蚊症は様々な目の病気に繋がるもので、放置しておくと最悪の場合失明に至ります。

 

飛蚊症とは

 

飛蚊症は、視界の中に黒い虫のようなものが動いて見えたり、ほこりのようなものが浮いて見えるというものです。目薬をしたり目を洗ってもこれらが消えない場合、飛蚊症の疑いがあります。

 

見え方や大きさは様々で、病気の進行具合や個人差があります。一般的には、加齢による目の機能が低下することで起こりますが、近年では10代から飛蚊症を患っている方も珍しくありません。

 

飛蚊症は何故起こるのか

 

飛蚊症の原因は大きく分けて、生理的なものと目の病気により引き起こされるものと2つに分けられます。生理的なものが原因で起こる飛蚊症は、目を構成する硝子体という物質がシワとなり、その部分が濁り影となり視界に映り込む、というものです。

 

また、硝子体が加齢などにより委縮すると、硝子体の後ろにある網膜がはがれてしまい、はがれた部分が黒い点となり視界に移り込みます。

 

病気による飛蚊症は、網膜剥離が進行することで起こります。網膜剥離は、眼球の内側部分にある網膜という組織が、何らかの原因ではがれてしまい、視力が低下する目の疾患です。

 

飛蚊症は、網膜剥離の初期症状として多く見られます。網膜剥離が進行すると、手術を行っても以前より視力が低下してしまったり、放置しておくと最悪の場合失明に至ることもあります。